[Rakuten UN-LIMIT]楽天モバイルの料金プラン・初期費用を一番簡単に解説

楽天モバイルにしようと思うんだけど、初期費用とか、月額料金とかどのくらいかかるんだろう?他の会社だといくつか契約プラン用意してるけど、Rakuten UN-LIMITのプランは他の会社よりお得なのかな?
誰か分かり安く説明してくれないかな?

楽天モバイルがMNVOからMNO(移動体通信事業者)となり自前の回線を使うようになったタイミングで、楽天モバイルの料金プランも一新されました。
料金プランは一つになったとはいえ細かい条項とか他に比べてどうかとかよく分かりませんよね。


この記事では楽天モバイルで契約する時にかかる初期費用や、月々にかかる費用に加えて、本当にあなたに取って割安になるのかを解説していきます。

目次

楽天モバイル・Rakuten UN-LIMITの料金プランは1つだけ

楽天モバイルの新プラン、Rakuten UN-LIMITのプランは月額2980円のプラン1つのみとなりました。詳しいプランの内容をここでは解説していきます。

月額2980円でデータ使いたい放題・電話かけ放題

このプランの一番のメリットはここで、月額2980円で通信も通話も使いたいだけ使うことができるというところです。
通信は楽天回線エリアでは無制限、電話もRakuten-Linkを介して使うことで電話代も掛からず使うことができます。

携帯料金を節約していきたいけど、月々のデータ容量は気にせず使いたいといった欲張りなユーザーには時にぴったりのプランとなります。


また、これまで大手3キャリアで容量を気にせず使っていたような方だと、他の通信会社に比べてあまり違和感なく乗り換えができると思います。

さらに今は、新規契約者300万人限定で1年間のプラン料金2980円が無料になるキャンペーンが行われており、大変お得に楽天モバイルに乗り換えることができるタイミングとなっております。

ただしパートナー回線(au回線)では5GB/月まで

ただし、注意点としてデータ通信が無制限になるのは楽天回線のみとなります。もし楽天回線がつながらない場合、パートナー回線であるau回線に繋がる仕組みになっています。

パートナー回線の場合は月に5GBまで速度制限なく使うことができますが、データ容量制限にひっかかった場合は通信速度は1Mbpsまで制限されることになります。

楽天モバイルのいいところは データ通信や通話を制限なく使えるところですので、自身の使用環境の中でどの程度楽天回線使用できるかは前もって確認しておきましょう。

楽天モバイルで月々にかかる費用

結論:基本的にはプラン料金のみ

上記の通り、Rakuten-UNLIMIT内のプランに、楽天回線の通信無制限とパートナー回線のデータ通信、通話ではアプリのRakuten Linkでの通話無制限が含まれているので、通常の使用では追加でかかることはありません。

注意すること:例外としてプラン外の通信費がかかる場合もある

ただし、通話や電話番号を介して行われるSMSに関しては一部例外があります。

楽天モバイルのアプリである、Rakuten Linkを介さない通話やSMSは基本料金に加えて通信量がかかるので注意してください。

  • Rakuten Link未使用時、通話30秒20円
  • Rakuten Link未使用時、SMS70文字3円
電話番号の中にはRakuten Linkに対応していないものがあることにご注意ください!

(0180)(0570)などから始まる他社接続サービス、特番(188/189)への通話はRakuten Linkから電話をした場合でも、都度通話料金が発生してしまいます。

楽天モバイルの初期費用

ここでは楽天モバイルに乗り換える際にかかる費用としてどのような物があるか解説します。

少なくとも乗り換え時のMNP費用と契約事務手数料はかかる

かかる可能性のある費用は以下の通りです。

  • 現在使っている通信会社の解約時の違約金:通信会社による
  • 現在使っている通信会社で購入した端末の分割支払残金
  • MNP(ナンバーポータビリティ)転出手数料:通信会社による2000円〜3000円
  • 楽天モバイルとの契約事務手数料:3300円

乗り換え前との契約の状況にもよりますが、どなたにも発生する費用としてはMNP転出手数料と楽天モバイルの契約事務手数料はかかります。

それ以外の費用に関しては、現在使われている通信会社との契約次第になりますので各公式ホームページやマイページで確認いただくとよいでしょう。

キャンペーンを利用すれば契約事務手数料はポイントで帰ってくる

楽天モバイルの場合、契約事務手数料に関するキャンペーンも展開しており、契約後Rakuten Linkアプリを導入すればポイントで事務手数料分が還元されます
そのため実質負担するのはMNP費用のみになります。

契約事務手数料は一度は払う必要があることに注意!

実質契約事務手数料が掛からないことになりますが、あくまでポイントとして還元されます。契約時に一度は支払わなくてはなりません。

展開しているキャンペーンはこれだけでなく、紹介コードを使うキャンペーンも併用すればさらにポイントをもらうこともできます。こちらで、MNP費用も一部賄うこともできますよ!

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://lets-kakuyasumobile.com/shoukaicode/ target=]

楽天モバイル・Rakuten UN-LIMITの
料金プランは本当にお得なのか?

契約1年目:キャンペーン中は100%お得!!

今現在楽天モバイルでプラン料金1年間無料のキャンペーンを行っているため、契約開始からの1年間は月額料金が基本かかりません。そのため他の通信会社のどのようなプランよりもお得になっています。

ですので、他の通信会社にしようか悩んでいて決められない方はとりあえず楽天モバイルにまずは契約してみることをおすすめします。

1年間お試しで使う中でもし気に入らなかったとしても、楽天モバイルでは違約金が掛からないので、簡単に他の通信会社に移行することができますよ。

契約2年目以降:データ・通話使いたい放題に魅力を感じるならお得!

2年目以降は通常通りプラン料金の月額2970円がかかってくるようになります。
そのため2年目以降はそれぞれの通信会社のどこにメリットを感じるかによってお得になるかどうかが変わっていきます

1年間の費用とプラン内容の比較という切り口で、各ライバル会社に比べて楽天モバイルがお得になるのかをチェックしてみました。

大手3社(docomo・au・softbank)と比べる場合

大手の契約プランは割引のパターンが非常に多く比較が煩雑になるので、一番条件が近しい状態で比較しました。

基本的に大手のプランは楽天モバイルのプランと比べると、容量制限のある状態で、すで楽天モバイルより月額料金が高くなってしまいます。

大手の場合、通話や家族割などのオプションや割引を付け足して行くことでもう少し値段を落とすことができますが、それでも楽天モバイルより値段は高くなってしまいます。

またdocomo/auの場合は2年の契約縛りがいまだに残っていることもマイナスポイントです。

大手が高い理由としては、多数の店舗や音声でのサポートが充実している、回線が広い範囲でかつ安定していることなどが挙げられます。

そのため、仕事の都合上絶対に電波が安定してないと困る、などといったユーザーの場合は大手三社を選んだ方が安心できると思います。

逆に、大手ほどのサポートはいらない、電波の質も最良の物でなくて良いという場合には、楽天モバイルを選んだ方が、月額料金の面で大変節約して行くことができますよ。

代表的な格安SIMの会社と比べる場合

ここでは代表的な格安モバイル三社との比較をしていきます。

他の格安モバイルと比較した際、プランの月額料金で比較すると楽天モバイルよりも安いプランを用意してあります。

ただしこれらのプランはプランの料金によってそれぞれ月々のデータ容量が決まっていて、容量の小さいプランの場合はデータ容量超過後の通信速度も低速に制限されてしまいます

もし月々ほとんどデータ通信を使わない、通話も全くしないという方はこれらの会社のプランを用いる方が月々の支払いを節約できそうです。

楽天の回線エリア内で大量にデータ通信や、通話をたくさんするユーザーの場合は、他の格安SIMの大容量プランを使うよりも、データ容量無制限の楽天モバイルの方がお得になりそうですね。

今契約している通信会社のマイページから月々の使用データ量がわかるかと思います。
まずはそれを確認してみて、自分にあったプランを考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は楽天モバイルのプランについて、詳しい内容に加えて他の会社と比べてお得になるのかどうかをみてきました。これらの内容を振り帰ってみましょう。

  • 楽天のキャンペーンは月額2980円の1つだけ
  • プラン内容は楽天エリア内では通信通話無制限・パートナー回線では5GB/月
  • 契約違約金なし
  • キャンペーン利用で1年間は無料で100%お得
  • 通信容量無制限に魅了を感じ、サポートもいらないなら楽天モバイルがおすすめ

もちろんユーザーが何を大切にするかによっても変わってきますが、データ容量や月額料金を考えたときに楽天モバイルのプランのコスパはものすごく良いプランだと思います。

今のところ楽天モバイルでは300万人限定で1年間プラン料金無料のキャンペーンを行なっています。加えて、楽天モバイルは解約の際の制限が何もありません
ですので、他の通信会社に変えたい、だけどやっぱりまだどこか決められないなんて方は、まずは楽天モバイルを一度試して、これを基準に自分似合ったプランを探して行くと無駄なく最適解にたどり着けると思いますよ!

[sitecard subtitle=詳しくはこちら url=https://lets-kakuyasumobile.com/camplain/ target=]


コメント

コメントする

目次
閉じる